抵抗がないジェビトラ!初めて知ったのは半年前の通販

勃起不全の原因と症状

通常勃起は性的な昂ぶりや性的刺激等を感じると脳から男性器へ信号が送られ、男性器の血管が膨れ上がり、血液が流し込まれ勃起という状態になります。
しかし何らかの原因で正常に勃起が行われないことを勃起不全、英語名ではEDと呼称されています。

勃起不全は幾つかにわけられますが、このページではED患者にとても多い《器質性のED》と《心因性のED》と呼ばれる症状に関して解説させてもらいます。

まず《器質性のED》とは、不摂生による生活習慣病や高血圧・糖尿病・加齢によって引き起こされる男性ホルモン低下、泌尿器系の疾患など、原因が身体によるEDです。

年をとるごとに血管は弾力性が損なわれていきます。そうなると性的な昂ぶりを感じたとしても男性器が充分に膨張するのに必要な血液が正しく男性器へ流れないので、必要な勃起力を確保できないという症状であるのです。
とあるデータでは糖尿病患者の、おおよそ半数以上の人が勃起において何かしらの問題を抱えているという報告が存在してます。

30代以降、男性ホルモンの減少に伴い勃起力も合せて低くなります。さらに性交の機会も減少していくので、そのまま勃起不全へ下降スパイラルに落ちていくのです。

《心因性のED》とは、仕事等によってストレスを感じることや、性的なトラウマ、自分がもっている性的な劣等感が原因で上手に勃起することができない心の病気です。
こちらは若さや加齢などお構いなしでなってしまうので、自分自信がED患者だという認識すら持たない人ばかりです。

挿入前に上手く勃たない、性行為などに何かしらの劣等感を感じている男性は多く、それらが素因で自分が思い描く様な性交が行えず、自分のプライドがキズが付き、さらに重いEDへと落ちていく症状です。

ですが、《器質性のED》も《心因性のED》も、ED治療薬で劇的に変化するものなのです。
性欲をもっていても肉体的な老いから上手く勃起を行うことが難しい場合も、お薬を摂取した途端、若者に負けないほどの勃起力を得とくすることが可能となり、ストレスや劣等感等による勃起不全でも、例え性行為中に少しばかり否定的な考えや挿入前に不安心を持った場合でも、問題なく勃起力を獲得することが可能です。

勃起不全や性行為に苦悩する男性はとても多く、特にその人達は誰かに悩みを打ち明けることが難しいタイプの人も居るため、一度色々なED治療薬をお試しいただくのはいかがでしょうか。